<<トップ 言語:
Send Filter for Thunderbird & SeaMonkey
送信済みメッセージの保存フォルダに対してメッセージフィルタを適用します。メッセージフィルタの設定画面に チェックボックスを追加しますのでチェックを入れて有効にしてください。メッセージの送信後にアカウント設定で 指定した送信済みメッセージの保存先フォルダに対してメッセージフィルタを自動実行します。

注意事項:本アドオンの動きは、メニューから”ツールー>フィルタ実行”の指定と同じ効果で、送信後に自動実行となります。 そのゆえ、貴方のフィルタの定義を注意してください。もともと受信に対して定義していますが、TBはどのフィルタが受信向け、 どのフィルタが送信向けとは識別できないので、おかしい結果が出ている可能性があります。この問題を回避するには、 受信向けのフィルタへ”to”条件を追加し、送信向けのフィルタへ”from”条件を追加するようにしてください。条件の値が当然に 貴方のメールアドレスです。

Version 1.0 Release Notes
  • 追加 SeaMonkeyへの交換性
  • 追加 ログ機能
  • 修正 たまにIMAPフォルダに動かないこと
  • 修正 メールを送信しなく、保存するだけで不適当にフィルタを動かすこと


  • Version 1.0.1 Release Notes
  • FIX javascript error of "Component is not defined" when saving to a pop3 local sent folder
  • FIX javascript error of "mailSessionContractID is not defined" at sometime


  • Version 1.0.2 Release Notes
  • ADD updateURL to install.rdf


  • Version 1.0.3 Release Notes
  • ADD compatibility to Thunderbird 3.0


  • Version 1.0.4 Release Notes
  • ADD compatibility to Thunderbird 3.1


  • Version 1.0.5 Release Notes
  • FIX source refactoring
  • ADD compatibility to Thunderbird 5.0


  • Version 1.0.6 Release Notes
  • ADD compatibility to Thunderbird 24


  • Thunderbird へのインストール方法
      1. 下のリンクを右クリックして [名前を付けてリンク先を保存] を選択し、ファイルをハードディスクにダウンロードします。
      2. Thunderbird を開き、[ツール] メニューから [アドオン] を選択します。
      3. [インストール] ボタンをクリックして、ダウンロードしたファイルを選択し、[OK] をクリックします。

    サポート
    もし何にか問題があれば、hvsupport@xzer.netへメールしてください。

    問題報告
    1. Make sure that you had installed the newest version.
    2. Open the addon manager, click the option button of SendFilter, then enable the log.
    3. Open the error console(Tools->error console), clear all the existed message.
    4. Redo the actions which are not work fine with the SendFilter.
    5. You can see some logs like "Send Filter Log", copy all the logs and check if there are some your private infomation in the logs,if it does, please modify your private infomation to else similar strings which will not interfere in my analysis.
    6. Send me your log and your system infomation sucha as your OS (windows, linux or Mac), application(Thunderbird or Seamonkey) and version, extention version.

    判明している問題
  • 送信後に送信済みフォルダに保存されているメールがなくなってしまいました。これはバグではなく、上記の注意事項をお読みになってください。 フィルタの定義を修正する必要があるかもしれません。
  • 送信後に全てのアカウントにフィルタが自動実行されました。これは正しい動きです。現状でグローバルの有効設定しかないです。アカウント別に 有効か無効かの設定はまだサポートしておりません。
  • 同じメッセージに対してフィルタは重複的に実行しています。これは設計通りです。Send Filterはメッセージではなく、送信済みの保存フォルダに フィルタを実行させるようにしています。けれども、重複実行を回避するのは簡単にできます。たとえば、「タグ追加」という動作を追加して、「タグ ない」という条件も追加すれば、重複実行しないようになります。また、ほかの似ているやり方もあります。たとえば、フィルタを利用して全部の送信 メッセージをほかのフォルダへ移動して送信済みフォルダに新メッセージしかないことを確保するようにします。
  • ダウンロード
      1.0.4   2010.07
      1.0.5   2011.07
      1.0.5.1   2011.11 (Same as 1.0.5 except version info for tb 5.0-9.0)
      1.0.6   2014.01

    $